« えの∽しま | トップページ | 東京ヲタパラダイスオーケストラ »

2006年10月28日 (土)

介錯クロニクル

RADIO神無月全話聴きました
なんとか明日のトークショーには間に合いました

漫画を全部読んだら絶対天使について少々勘違いがあったもよう
絶対天使は天使を召喚したものでこの作品の天使は
介錯先生の別作品のキャラたちがそれぞれ該当するみたいです
で、その絶対天使がそれぞれロボットを持ってる、ということで
絶対天使=ロボットじゃなかったみたいです^^;

あとは、介錯先生のHPで

◆絶対天使と鋼鉄天使

京四郎とかくるみの世界では
天使とは高次元のエネルギーの塊で人間が触れる事が出来ません
人間が天使をこの次元に留めて干渉出来るために
結晶化したものがエンゼルハートです

創られた機械の体に天使核(エンゼルハート)
を入れたものが鋼鉄天使

絶対天使は機械の体無しで
天使を人の形を留めておく事に成功した物
という事になっています
なので不純物といえる機械部分が無いので
より本来の天使の力が使えます

なぜ絶対天使や鋼鉄天使が人の形なのかというと
神が神自身に似せて人間を作った…とあるので
逆に人間が神を作り出す時には
やはり人間に似せて作るのだろうという考え方です

ちなみに単行本にはもう少し詳しく書いてあります

|

« えの∽しま | トップページ | 東京ヲタパラダイスオーケストラ »

マンガ・アニメ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 介錯クロニクル:

« えの∽しま | トップページ | 東京ヲタパラダイスオーケストラ »