« 忘年会にようこそ! | トップページ | たった一つのGift、あなたに届け☆ »

2006年12月17日 (日)

サウダーデ・オブ・サンデイ

忘年会から帰ってきたら朝6時前
11/23の鎌倉行ったレポートを1.5時間もかけて書いて11時30分に就寝
秋田スレにその旨書いてるのに空気嫁ないどこかの町の人が電話してきやがりました
15時30分くらいだったかな?ハァ・・・やってくれるわ

それから17時くらいまで起きてもう一度就寝
21時くらいに親から電話が来て起きて、それから朝6時まで2時間寝て1縲怩T限(3コマ)受けに大学に行くのでした

何でこういう不規則な生活になってるかというと全て風来のシレンDSのせいです><

まじね、面白いわww

シレンやりながらアニメも見て一石二鳥ですyo

☆ガン×ソード
今期アニメが追いついたのでためてたアニメの消化
とりあえず全話見ました、タイトルも今日は日曜日なのでそれに
エルドラ・スかっこよすぎ、ガオガイガーにしか見えませんけど^^;

さすが作画と監督がコードギアスなだけあって絵は素晴らしい
以下、wikiで気になったところ

>ロボットアニメという情報は当初伏せられており、公式サイトでも一般向けには明示されていない。また、ロボットの存在感を前面には出していないのが本作の特徴である。

そうそう、そうでしたね
1話見たときはビックリしましたね、あれは
いきなりロボット呼び出したときは「え?これロボット出るの?」とスレでも話題でした

>オープニングでは主要キャラが流体状のシルエットで隠されており、本編へ登場するのに合わせて姿が明らかになっていく。また、舞台から退場したキャラは黒いシルエットになる。監督が同じスクライドにも似たような演出がある。

OPたまらないですよねー

>エルドラ・ス、エルドラソウルのデザインはガオガイガーによく似ている。これは谷口悟朗が『勇者王ガオガイガー』の絵コンテ、演出を担当していた関係と思われる。また、テレビ東京では『勇者王ガオガイガーFINAL GGG』が前番組だった。

そういうことですか

>宇宙での戦闘で一切声以外の効果音がなかったのは、『プラネテス』の監督をしていた谷口のこだわり。

うん、これは気になった、でもまぁ演出の1つか、と納得してた
プラネテスは途中で切っちゃいましたがww

>ミハエル・ギャレット及びそのヨロイであるサウダーデは、機動戦士ガンダムSEEDシリーズにおいて、同じく保志総一朗が演じるキラ・ヤマトとフリーダムガンダム/ストライクフリーダムガンダムを連想させる。また作中の(特に最終話の)名言などが、SEEDシリーズで出された回答に対する皮肉ともとれ、SEEDシリーズに不満を抱くファンの喝采を浴びた。一方勘ぐりすぎとの声もある。

その発想はなかったわーw
むしろシンのデスティニーみたいな感じがした
もしくはゼノギアスのラムサスのギア、ワイバーンぽいなぁと思って見てた

まぁ普通に良作でした、とりあえず保存はしておこうかと
スパロボに出てもおkだと思います

カギ爪はただのイカれた老人だと思います><
しかし、どんな極悪人かと思ったらすげぇいい人そうだったときはビックリでしたね

|

« 忘年会にようこそ! | トップページ | たった一つのGift、あなたに届け☆ »

マンガ・アニメ」カテゴリの記事

コメント

レイのかっこよさは異常

投稿: 島 | 2006年12月20日 (水) 12:14

wikiにはヴァンは童貞であるとちゃんとかかれてましたか?

投稿: ドカベソ | 2006年12月20日 (水) 14:42

>>島
禿同
やっぱ櫻井君は最高だゾ☆

>>ドカベソ
書かれてますyow

投稿: こまち | 2006年12月20日 (水) 19:29

>どこかの町の人
クリリンのことかーーーーっ!!!

ゲーム盛り上がってますね。
俺はついにウイイレを手に入れましたよ。これでリア充です^^

投稿: 雪の降る町 | 2006年12月20日 (水) 19:30

シレンは、合成とかをやりだすと、つい時間を忘れてしまいますよね(笑)

投稿: レナス | 2006年12月21日 (木) 08:47

>>雪の降る町
そんなリア充くせぇゲームに興味ありません^^

>>レナスさん
あと、合成能力1つだけ足りないんですがかなり時間かかりそうです。。

投稿: こまち | 2006年12月21日 (木) 10:56

10話まではチャンと見てた。その後はファサリナ目的でポツポツと・・・。
当初予定は春番だったそうで、その間をFINAL GGGで繋いだって聞いてます。

エルドラVはカッコイイイですね。見た目、スーパー縲悋グレート縲悋縲廨X類のタカラロボテイスト丸出しな所が良かった。
勇者ロボのオマージュって、お膳立てが出来ていて読めるんだけど、何故か驚くし燃える。スクライドのグレートピンチクラッシャーと言い、電童のベクターゼロと言い。

>むしろシン
同意。保志氏が演じてる事から関連が有るのでは?と思えるだけなんじゃないかなぁ?ガンソードは既存のヒーロー番組に、デステニはシードに対するアンチテーゼを示した気がする。只、ソウと捕らえられてもオカシクないタイミングでは有ったけど。(9.11テロルが発生した事で大国の進めるグローバリズムに「待て!」を唱える意味合いを持った作品が目立つようになった様な・・・)

>スパロボに出てもOK
基準を教えて!

投稿: えころ | 2006年12月21日 (木) 18:33

>>えころさん
スクライドのアレもかっこよかったですねw
巨大ロボに生身で立ち向かうカズ君はすげぇと感心しました^^;

>アンチテーゼ
続き物以外は作品ごとに独立した視点で見てるからそこまでは考えたことないです^^;

私はグローバリズム云々よりも表現に規制がかかったことの方が悲しいです
CLAMP先生のXなんかモロにその被害に><;

>スパロボ
設定がしっかりしてて薄っぺらくなさそうな感じ

投稿: こまち | 2006年12月21日 (木) 19:57

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サウダーデ・オブ・サンデイ:

« 忘年会にようこそ! | トップページ | たった一つのGift、あなたに届け☆ »