« 2009年秋期アニメ総評初期報告 | トップページ | もはやパンツじゃないから恥ずかしくもなんともないアニメ »

2009年10月19日 (月)

スティックポスターin羽後町を巡るたび -完全版-

西又先生が昨年泊まったという、としとランドから
本日の巡礼は始まりました





田舎杉

続いて向かったのは三輪神社(KEI)へ
あぐりこ神社(桜沢いづみ)のが先にあるんですが
場所が分からず一度通り過ぎてしまいました^^;



西又先生が撮ってたのでとりあえず(ry
場所は違うんでしたっけ?













噂のミケーネ書店にも立ち寄りました
せっかくだしと現地で山内氏の著書を購入
他にはポスカなど…
KEI先生の袋が貰えるということでしたが
最初は普通の袋に入れられたため
「すみません、KEI先生の袋ってもう終わっちゃったんですか?^^;」
と言うと完成されたPOP先生の羽後町地図と
こげどんぼ先生のうごボンのポスカと共に頂いちゃいましたw
言ってみるものですねぇww店主まじいい人w





店内はなかなかのキモさ

その次は鈴木家住宅(江草天仁)へ
中に入れないのはちょっと残念でしたねぇ
現在でも鈴木さんがお住まいのようですし仕方ないですね




看板でかすぎワロタ







でも秋田県出身の私としては見慣れた風景というか
面白みはないかなーというのが正直な印象
そもそも私は田舎より都会のが好きなので^^;
情緒溢れる季節風景や庭園や建物は好きなんですけど
一面田んぼとか山とか萱葺き屋根とかはあまり好きくない…
まぁこれは私の好みですし結先生やけたーろさんのように
田舎の風景を愛する人も世の中たくさんいますし。。



日本一太いらしい

次は七曲峠へ(西又葵)
あまりの急カーブの連続に車酔い。。









やっと抜けた先の部落の一角に旧長谷山亭(Na-Ga)
これはなかなかに趣深い建物でした










巡礼の方は今回はここで切り上げて
西又先生がおそばを食べに行ったという
弥助そばさんに食べに行きました
サイン色紙もバッチリ撮って来ましたYO
冷やかけそばがいいというのに
西又先生が頼んだそばでもなくやまかけそばw
ごめんなさいw普通に好きなもの食べちゃいましたww



西又先生が降臨した広場





西又先生が食べたと言われるお蕎麦屋さん



カレーもあるよ





つるちあには遠く及ばないですが
田舎の蕎麦屋らしからぬ一角w



妹が食べた蕎麦



西又先生と同じものにしようと思ったのですが
とろろそばの誘惑には勝てず。。
なかなかに美味な蕎麦屋さんでした
でも寮の近くの蕎麦屋の方がうまいw
何で寮の近くの蕎麦屋があんなうまいんだww



盆踊り会館のクオリティ上がりすぎ

またまたまた知らない間に
スティックポスターも第三段が出ておりまして
詐欺まがいの重複率を叩き出した第二段が怖くて
第三段は本日は買いませんでしたが
いずれもけしからん絵でありました^^





二回目の訪問となる旧対川荘にてお茶
前回は閉店間際でもう入れませんでしたがw
本日のケーキはありませんでしたw死にたいorz
なんかまた貸切してました、羽後町の婦人会?w
秋葉原でも売っていた西又ラスク(1260円)を買い
いたる先生の絵が付いたロールケーキ(2100円)を買い
どこの秋葉原帰りみたいな大量萌え絵グッズを購入し帰宅
ロールケーキうんめぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇええええええwwwww
絵がうめぇのはもちろんですが味ねw
まぁ全部通販で買えますが現地で買うからいいんですよねw









昼からビールうんめぇぇぇ!!







西又が2つwwwwwww
こんな面白いレシート初めて見たww



どうも暗く写ってしまって困った



(真ん中)
腹ごしらえした後に
かおすながやと噂のながやというおみやげ屋さんへ
りんごジュース「あぐりこ」という
桜沢いづみ先生の絵を使ったジュース(1800円)買いましたw
こんなんいつの間に出てたんですか^^;

(左)
西又焼酎を求めて酒屋さんへ
もうないかなーと思ってましたが余裕でありました^^
なんかまたまた知らない間に日本酒も出てまして
日本酒と焼酎のセットで4000円^^
たけぇですが酒にこれくらい払うなら仕方ない…

ちなみに瓶に入ってるのは10月現在、
まだどれも空けてません^^;



以上、今回の巡礼の戦利品

実に充実した巡礼でありました
来年も帰ったら巡礼の続きでもしに行きますかねw
ここでいつもの…

聖地でもなければ羽後町なんて行かねーよ!

同じ県内とは言え羽後町は
秋田に住んでた18年間全く無縁でしたからね
東由利、矢島、横手、湯沢はよく行きましたが
羽後町は余裕でスルー。。近くて遠い、それが羽後町
改めて山内氏の素晴らしさよ…
(まぁ秋田市行くほうが近いですけどね^^;)

つうわけで羽後町でゲーム作ってほしいねw
別にあおきさやかちゃん出身市が舞台のゲームでも
私は全然構わないんだぜ?

これからも羽後町の動向には期待大ですね

昨年のかがり美少女イラストコンテスト訪問時の記事はこちら
http://jade-stern2.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post-57bc.html

|

« 2009年秋期アニメ総評初期報告 | トップページ | もはやパンツじゃないから恥ずかしくもなんともないアニメ »

羽後町」カテゴリの記事

コメント

西又wwwwwwwwwwwwwww
好意のない書き方ですねwwwww
それと、まぁ西又印は一品一品がお高いですね。地元の名産品は割高感があっても仕方ないですけど、そんな名産品にチープなイラストを載せられると「中身なんてどうせ大したことない」と思えてなお割高感を演出してくれんす。
それでもネタにしろ何にしろ買う人がいる、キモオタマーケティングこえぇsっす


旧長谷山亭を見て思ったんですけど、これ雪が積もったら入口ぺしゃんこになりそうじゃないですか?

投稿: ドカベソ | 2009年10月21日 (水) 06:22

>>ドカベソ
まぁ秋田県だから買ってるんですが
他の地域までは西又先生じゃ手は出しませんね

羽後町は豪雪地帯なんで無事ってことは無事なんでしょう

投稿: こまち | 2009年10月22日 (木) 20:04

先日俺も帰省した際に地元書店で山内氏の著書購入しますた。
さすが秋田だ、平積みされてましたぜ。

茅葺やら田園風景を珍しく思えない気持ちわかりますw
風景や建造物の保存の機運が高まる昨今、希少なイメージばかりが先行しますが
昔ながらの里山風景って未だ日本中に腐るほどありますからね。
ゆえに田舎の人はそれを「何も無い」という・・・。
有名観光地になっているかどうかは
それをどう保存・整備してどう売り出してるかの違いだけだと思います。
山内氏も著書でそこらへんは触れてましたが。

白川郷ほど下手に俗化せず斬新な売り出しをしている羽後町には純粋に感心しますね。いやある意味俗化かw

投稿: もめん | 2009年10月23日 (金) 23:15

>>もめん
ですよね
両親も昔は家が茅葺きだったと言ってましたし
そんなん何も珍しくねーよ、と言っておりました
下手したらそこら中世界遺産ですよw

やっぱねー外部の人間でないと売り出すのは無理ですよ
内部の人間じゃ何も無いで終わっちゃいますもん
山内氏のような異端児でなければこのような偉業は成し遂げられません

投稿: こまち | 2009年10月24日 (土) 00:41

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スティックポスターin羽後町を巡るたび -完全版-:

« 2009年秋期アニメ総評初期報告 | トップページ | もはやパンツじゃないから恥ずかしくもなんともないアニメ »