« ブログの更新頻度とリア充具合は反比例するらしい | トップページ | ちぇりお! »

2010年4月16日 (金)

電子の妖精

この春から始まったMAG・ネットという番組が意外に面白い
先月にあった初音ミクライブ

CGの初音ミクに合わせて
生バンドが演奏する形式でライブが行われてたのですが
これがまた異様な光景でした
CGに対してサイリウムを振るキモヲタたち

これにはゾクッとしてしまった
ぶっちゃけこのライブ行きたいと思ってたんですが
初音ミクの曲ほとんど知らないから見送ったんですが
ライブの光景は異常ですねコレ

バーチャルアイドル…
マクロスプラスのシャロン・アップルや
さらに古くはメガゾーン23の時祭イヴなどが思い浮かびますが
それがまさに現実になってることに戦慄を覚えました

アイドルマスターもそれと言えばそれなんですが
あれは中の人が主体でライブ行ってるためか
あまり異質なものは感じないんですが
あれはあれでもしもCGによるライブ行ったとしても
やっぱりライブは大成功に終わるんじゃないかなー

前から言ってるけどアイマスは中の人が意識されるけど
初音ミクは藤田咲ちゃんが
完全に忘れられてるのは何なんでしょう

バーチャルアイドル
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AB

wikiの項目を見ると
私の考えるバーチャルアイドルとは差異がありますね
でも言いたいのはそういうことではない
私の中のバーチャルアイドルってのは
リン・ミンメイやランカ・リーやシェリル・ノーム、
緒方理奈や森川由綺とかそんなんじゃないんです
初音ミク、時祭イヴ、シャロン・アップルなんです
前者は虚構の中でアイドルとして確かに実在してるわけで
でも後者は虚構なのに現実として受け入れられてるというか

初音ミクのフィギュアやぬいぐるみ持ってる私が何を言う
ってかんじがしなくもないんですけど
虚構は虚構として楽しんでるわけで
現実に侵食して来たら怖いなーって思うのです
ターミネーターで言うスカイネットみたいなもんかなー
この考え自体がナンセンスだとは思うのですけど

ゲームやってるやつはゲーム脳で
現実と虚構の区別がつかなくなるから
人殺しのゲームやるやつは人殺すとか
アホかと思ってしまうわけです

現実は現実でありゲームはゲーム
プレーヤーが一番そう思っていて
そんなアホなこと言う人こそ現実と虚構の区別がついてない
なんて反論をよく見かけますが私もそれは同意なわけで

だからこのライブ楽しんでいる人たちは
虚構として楽しんでるんすけどプゲラ
と言われたらそれまでですし
結局私もあの場にいたら楽しんでたかと思うと
結局他人事だからキモいとか言ってるだけなのかーと

|

« ブログの更新頻度とリア充具合は反比例するらしい | トップページ | ちぇりお! »

マンガ・アニメ」カテゴリの記事

コメント

今に知能をつけて人間を粛清しにきますよ^^

投稿: 緑茶 | 2010年4月16日 (金) 21:55

>CGに対してサイリウムを振るキモヲタたち
>これにはゾクッとしてしまった
俺もあの光景は不気味に感じました
当の本人たちは楽しそうでしたし
あれはあれで別に否定する気もないんですが

全く興味ない人からすれば声優のライブに
行くヲタもミクのライブに行くヲタも
等しくキモいんでしょうけど^^;

>初音ミクは藤田咲ちゃんが
完全に忘れられてるのは何なんでしょう
歌ってるわけじゃないしテレビで特集
組まれても出てきませんし・・・

投稿: ピタカ | 2010年4月16日 (金) 21:57

>>緑茶
そういうのが怖い
ミクは自我ないけどそのうち時祭イヴ化するやもしれぬ

>>ピタカ
人は自分の理解の範疇を超えているものに対して
畏怖の念を覚えるもの
これもまた詮無きことなのでしょう

投稿: こまち | 2010年4月16日 (金) 22:11

フィクション小説やゲームなど、バーチャルな世界をプレーヤーが認識する時に、バーチャル世界と現実を区別する境界があまりに認識し辛いものだと『現実と虚構の区別がつかない』きっかけになるんじゃないですかね

境界の透析機能の問題じゃないかと

投稿: ドカベソ | 2010年4月16日 (金) 22:11

>>ドカベソ
それって虚構が現実に近づきつつあるってことでしょ?
gkbrなんですけど

言わんとしてることはわかりますが
この場合の透析ってのは正しい使い方なのだろうか^^;
厨二っぽく書いただけですよね、分かります

投稿: こまち | 2010年4月16日 (金) 22:17

全て正解です^^^^^

クリエイターが”リアリティ”のある作品を提供すれば、プレーヤーは虚構のフィールド内で”リアリティ”を感じるでしょうし、その体験や感覚を現実に持ち帰るor反映させる可能性があります

クリエイターにより表現された”リアリティ”と人間の原体験がリンクする部分が多ければ、人間は虚構と現実との区別がつかなくなるし、人間が境界を意識する能力の如何にもよるとは思いますが、いずれにせよ浸食される可能性は否定できません

投稿: ドカベソ | 2010年4月16日 (金) 23:16

リアル彼女にリウム振ればええやん

投稿: 魔法少女金朋 | 2010年4月17日 (土) 02:11

>>ドカベソ
ゲームとしてリアリティを体験するのはいいと思うんです
でもそれが現実として受け入れられるというのは怖い
境界が存在するから娯楽として楽しめるわけで

>>魔法少女金朋
彼女の話題を一切出してないのに
どうしてそういう方向に持っていくのかね君は

まぁもちろん振るけど

投稿: こまち | 2010年4月17日 (土) 10:11

そう言って実際に振るのは腰な訳ですね、分かります!
さすが、こまちさんのウルトラオレンジは違うわ~

投稿: Caroli | 2010年4月17日 (土) 13:14

液漏れこわひ

投稿: 魔法少女金朋 | 2010年4月17日 (土) 13:29

UOはみのりんの武道館ライブまで
取っておいてもらわないと困ります^^^^

投稿: ピタカ | 2010年4月17日 (土) 13:41

>>Caroli
何でこうこのブログには
下品な方しかいらっしゃらないんでしょう

>>魔法少女金朋
彼女のことをタダでヤれる素人女くらいにしか思ってないだろお前ら

>>ピタカ
みのりんには虚刀流にてお相手つかまつる!

投稿: こまち | 2010年4月17日 (土) 20:31

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電子の妖精:

« ブログの更新頻度とリア充具合は反比例するらしい | トップページ | ちぇりお! »