« 焼肉屋にいる男女は深い仲である | トップページ | 世間ではコミックマーケットの季節 »

2010年8月12日 (木)

インセプション

夢と現実が入り乱れるサスペンションなお話だと聞いて
私の大好きな映画の
バニラスカイのようなにほひがしたので見てきました

ぶっちゃけイマイチ
設定は面白いと思うけど、もう一捻りほしかった
世界観の説明も全くないし都合が良すぎる
夢の階層構造、夢の中で夢を見てもらうというのはいい設定
深く潜れば潜るほど時間の流れが遅くなるのもいい
でもリスクがないのはよくなかったね

夢だけど痛覚はあるってのはいいんだけど
そもそも死ななければ現実世界に戻れないのがよくない
死ねば無傷で現実世界に戻れるから辛かったら死のう
という安易な行動に走ってしまえるのは緊張感に欠けます

マトリックスのように全て脳内の出来事だからそこで死んだら
現実世界でも脳死するというのだったらよかったのに
睡眠薬で寝ると夢で死んでも現実世界で身体が起きれないから
虚無に落ちると言う設定だったけどイマイチ緊張感がない。。

そしてそもそもの主題が産業スパイというのが面白くない
オーシャンズ11のようにスペシャリストが協力して
インセプションを成し遂げるというのは面白いんだけど
時折、あれ?何でこんなことしてるんだっけ?って忘れかけてしまい
思い出したときにはこんなにしょぼいことのために
こんなに頑張ってたのかこいつら…って悲しくなった

期待しすぎましたかね
決してつまらないわけではないんですが。。
バニラスカイやマイノリティリポート、
ミッションインポッシブルのように
もっと考えさせる映画だと思ったんですけど、、

あーでも映画の終わり方はよかった
ああいう終わり方は大好きです

|

« 焼肉屋にいる男女は深い仲である | トップページ | 世間ではコミックマーケットの季節 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントのなさが面白い

投稿: ドカベソ | 2010年8月13日 (金) 22:02

>>ドカベソ
そりゃ映画は金払わないと見れないですからね
映画が好きな人かカップルくらいしか行かないでしょ今の時代

投稿: こまち | 2010年8月13日 (金) 23:07

ネタもないのにわざわざコメントしにくる
ドカベンさんの粘着具合が面白い

投稿: 緑茶 | 2010年8月14日 (土) 13:44

>>緑茶
誰よりも嫉妬してるのは彼ですからね

投稿: こまち | 2010年8月14日 (土) 14:16

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インセプション:

« 焼肉屋にいる男女は深い仲である | トップページ | 世間ではコミックマーケットの季節 »