就職活動

2014年3月11日 (火)

転職活動に役立った本

月日が経つのは早いものです
転職してからもう一年以上が過ぎました

部屋の掃除してたら出てきたので
すごく今更ですが転職に役立った本を
備忘録がてら残しておこうと思います

・面接の10分前、1日前、1週間前にやるべきこと
一番お気に入りでした
すごく読みやすくてタメになります
10分前でも役立つかはさておき
面接当日でも役に立つ(勇気をもらえる)のは確か

・MBA式面接プレゼン術
かなり胡散臭いタイトルの割に結構ハードですが
これを考えれないようでは面接なんて臨めません

・採用側の本音を知れば転職面接は9割成功する
根拠のない数字のこれまた胡散臭い本ですが
この本も事例としてそれなりに役立ちました

・採用される履歴書職務経歴書はこう書く
履歴書のお手本として・・・
ちなみに書き方以外の中身は読んでません^^;

その他は志望業界の研究用に数冊

面接の~、とMBA~は合わせて利用すると効果的
面接でのアピールは明確に正解があります

どの本も言い方は違えども
あぁこう言えばいいのね
なんだ結局どの本も同じこと言ってるだけじゃん
最終的にはそうなりますがそれでいいんです
それを理解するのに役立つのがこれらの本

正解となるアピールができて初めて
審査対象としてのスタート台に立てるイメージ
後は考え方や話し方
立ち振る舞い等の雰囲気からの
企業側とのミスマッチで落とされるか
転職であれば単純にスキルが不足している
そのときの需要と合っていない、などの理由かなと

社会人として働いたから
持てた視点ももちろんありますが
こういう本読んで本気で研究して練りあげて・・・って
学生時代どうしてこれをやれなかったんだろうと後悔もしました
がその悔しさがあったからこそ
このように動くきっかけになったのもまた事実

数年後また転職するときのために
今からまた準備しなきゃいけないのが辛い・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日)

THE 転職活動2

長くなったので分けました、転職活動の内訳は以下です

お世話になったエージェント→3社
ESor筆記通ったけど選考には進まなかった企業→0社
ESor筆記で落ちた企業→1社
一次で落ちた企業→なし
二次で落ちた企業→2社
三次で落ちた企業→1社
最終で落ちた企業→なし

一つ筆記で落ちたとこは応募が遅かったので
IT企業枠が既に締め切られていたので門前払い
負けたのとはまた意味合いが違うので
実質、書類は全通と考えよう

後で見返しても我ながら良く書けてる、と思いましたw
最終的にはエージェントなしで
リクナビで直接やり取りして勝利を得ました

エージェントの名前は伏せておきますが
お世話になったサイトは以下です

転職会議、VOLKERS、キャリコネ、リクナビNEXT

三次で落ちた企業は本当に今でも残念で
間違いなく将来安泰かつ生涯年収に倍以上の差が出るかも
というところだったので本気で落ち込みました
踏ん張り切れなかったのは私の弱さであり
原因も間違いなくそこにあったので
そういう意味では本当に縁がなかったのでしょう
悔しいです、本当に

活動成績だけ見ると学生時代の就職活動に比べて
かなり順調だった転職活動ですが
働きながらでかなり苦しい部分も多く
結果が思わしくないのと仕事が忙しいのが重なり
精神的にも肉体的にもこの半年間はかなり追い詰められ
危うく鬱になるんじゃないかと思いました

面接が突如捻じ込まれて前日に突然休むと言ったり
仕事終わってないのに残業せずに帰ったりで
先輩や上司に怒られたりもしました、当然ですが^^;

時には面接の後に会社に戻ることもありました。。
転職することは親に止められましたが
何とか説得して、応援してもらえるようになりました
後は両親を安心させるように頑張るのみです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 5日 (土)

THE 転職活動1

それでは転職決意した経緯など
きっかけは他社常駐と賞与が塵と化したこと

まずは前者から
私の会社は全て自社でシステム開発を行っており
他社常駐はないのがある種ウリだったにも関わらず
経営難により私が保守開発していたシステムを
他社へ売却し、更にはその保守要因として
私自身も他社に常駐する身となりました

この件で会社への忠誠心が一気に萎えました
忠誠心…というと大袈裟ですがw
何だかんだで自社をそれなりに気に入ってたのもあり
他社なんかで働けるか!!と当時は思っていたのです

しかし、いざ他社で働いてみると
自分は井の中の蛙だと気づかされました
端的にいえば他社で働く環境が快適過ぎて
自社には二度と戻りたくない、と思うようになりました
また、離れていると自社への忠誠心が
薄れるのは間違いありません
これは何も私だけに言えることではないようで
一般的にそういうことは多いみたい

その後会社の方針は更にコロコロ変わり
上に流されていくだけで確固たる軸もなく
最終的には会社の方針に何の信頼も置けなくなりました

加えて後者である賞与
これが雀の涙と化したことで決意は固まりました
一年前から考え始めて実際に動き始めたのは
半年ちょっと前くらいでしょうか
当時ねむ君が転職されるということで
彼にアドバイスを頂きながら少しずつ進めました

半年間でエントリーした数は5社で内定頂いたのは1社のみ
やはり働きながらでは一度に1社が限界でした

総合的にはやはり自社は良い会社だと思ってたので
下手な会社には転職できない、本当にここに行きたい
そう思える企業のみに絞って活動しました

とにかく一社一社全力で企業研究に取り組みました
だからこそ一度に受けるのは一社のみだったというのもあります
また、お金には糸目をつけずに
とにかく色々な転職指南本を買いました

ああいったものは無意味と思われるかもしれませんが
アピールの仕方、方向性を考えるには非常に役立ちました
それらを基に自分の経験と
相手企業から求められる志向を徹底分析しました
おかげで一次面接と書類審査は負け知らず
就職活動時からそうしておけば良かったなと少し後悔

加えて企業から出ている本は最低一冊は買うようにしました
後のリターンを考えれば
各企業1万円なんて安いもんです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 3日 (木)

ほむほむ転職活動ですが・・・(近況報告その2)

実は私、今月いっぱいで
今の会社を退職することに致しました
次の会社は今までの経験を活かしつつ
新たな知識を吸収しながら働いていく感じになりそうです

こまちさんも何だかんだで社会人4年目
若者はなぜ3年で辞めるのかとか言われてましたが
働いてる期間としては3年+αなので
結局私もご多分に漏れず、なのでしょうか

次の会社は残念ながら終身雇用とは縁遠い会社なので
更に次に繋げられるよう一生懸命頑張ろうと思います

転職に至る経緯や理由や転職活動記は
また別の記事にて・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

初っ端からハズレ

こっちには決定権なんて全くないし
一緒に働きたいか
ただその一点のみに注目しました
面接は三秒で決まると言うのも
なんとなく分かった気はします

1人は非リア臭プンプン
(私が非リアと言うのはこの際棚に上げます)
もう1人はあんま興味なさげ
両者とも第一印象から最後まで一貫して
一緒に働きたいとは思えませんでした

他の参加者はまともそうだったのに
ハズレ引いちゃった感はでかい。。
次はもっとまともな人連れて来てください

特に非リアが結構酷かったので
思わず酷評してしまったけど
先輩からさすがにそれはまずいと
お達しがあったので仕方なく
柔らかい表現に変えときましたw

おっかなびっくり人事に持って行ったら
認識相違なくてホッと一安心^^;

リア充来るかと思ってgkbrして損した
こっちとしても感覚は分かりました
自分が聞かれて弱い部分も分かったから
いずれ来るかもしれない
優秀な人を囲い込む作戦
経験値は積めたのでよしとします

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

採用ではないと言うけど

んなこたーない

先述のOB面談の説明会参加してきました

短時間で一体多数とは聞いてないぞ^^;
一人とじっくり対話したかったのに。。
複数人から質問攻めとかすごく嫌だ、、

ちなみに正式な会社説明会って
まだ始まってないみたいなんですが
今回の説明会来る学生さんは正式に始まる前に
特別に声を掛けている人みたい
条件は様々みたいですが…
やっぱそういうのってあるんですねぇ。。
まぁ優秀な学生さんは囲い込みなんかしても
他所へ行ってしまうんでしょうけどね

月並みですが私はOB面談の社員の人が
すごくいい人でそれが入社理由
普通にコミュニケーション取れる人は
超一流大学でもない限り能力に
そんなに差なんてないって思ってて
あとはその会社に合っている人間かが重要だと個人的に思います
こういう人がいる会社ならって思えたら
それは割と間違ってないのかなって思います

仕事はどうか分かりませんがw
少なくとも私は、人間性はマッチしてるし
自由にやらせてもらってるし

自由過ぎてたまに先輩や上司に怒られますが^^;

一人の社員で決めるのも
と思わなくもないですが
そういう運の要素も含めての
縁なんじゃないかな
ちなみに今回はその人と一緒にOB要員
時の流れを感じます

私の面談が良かったから来るって人は
そうそういないと思いますが
少しでも学生さんの力に
なれるように頑張ります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

まだまだ超就職氷河期ですが

むしろ中小企業だと
需要が高かったりするらしいですね
だから一概には就職氷河期とは言えないとか

まぁそれとは関係ないですが
会社説明会のOB面談に
参加することになりました
普段の会社説明会のときには
OB面談なんてやらないんですが
今回はなんか特別な説明会みたい
いや、まだよく分からないんだけどね。。
今度その主旨を説明してくれるらしい

何やらよく分かりませんが
そんな特別な説明会に
数ある若手の中から私を
選んで頂けたのは大変光栄です

凡そ社畜という言葉とは無縁で
いつも適当に仕事を切り上げて
定時帰りを貫くこまちさんですが
就活だけは人一倍というか
人二倍の経験があるのでそれなりに
学生さんの力になってあげれるのかな、と

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

就活のバカヤロー

就活に対する文句くらいなら誰だって1冊くらい書けるんじゃない?

妹が他社会社説明会で家にいないから代わりに会社説明会予約してくれとのことで
朝10時から一時間毎にチェックしてあげたが結局妹が帰ってきてから1時間後
21時になってようやく予約取れたらしい、・スだ取り越し苦労^^;
まぁ私に頼んだことで妹は安心して会社説明会に行けたならそれはそれで役には立てたのか
予約が東京しか取れなくてどうしても行きたいらしいので泊まり来るみたい
雪町君もしばらく妹さんが来てたようですが、宿代浮くのは大きいよね

しかしどうせ受かるわけないのにわざわざ東京来てまで説明会行くなんて・・・
としか思えませんが、あえてやる気を削ぐこともあるまいとして沈黙を護る
高い金払ってでも来たいというのだからやらせたいようにやらせるのが一番かな、と
本当にダメだったときわざわざ高い金払って…と落ち込まないことを祈るのみ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

未来はいまや先の見えない夜のハイウェイ

我々は未知の領域に踏み込み歴史を作っていくのだ

既に道を踏み外した自分ですがまともな道を走れるように軌道修正したいです。。
最近内定ブルーというか留年したショックがフラッシュバックして眠れなかったりする

本日も何事もなく引きこもっていたら夕方に突如サークルの部長に呼び出される↓
http://blogs.dion.ne.jp/jade_stern/archives/7104669.html

この後結局やめて就活してたんですがバイトから正社員目指すとか言って
ホテルマンの道を歩み始めたみたいで、どうしてこの人はこう進んで
ブラックに行きたがるんだろうなーしかも死亡フラグ満載やんと思ったんですが
まぁ自分でやりたいことだと言うので私が何か言うのもアレなんで黙ってました^^;
私も本気で親身になるつもりなら全て言いたいこと言ってるんでしょうけどね
相手年上なのでそこまで強く出れないのが原因か・・・
しかも今借金で自転車操業してるらしい
働けばすぐ返せるから大丈夫大丈夫とかなんとか言ってますが…それ多分誰もが言う台詞
そりゃ働いた金全額返済に充てるならそりゃ返せるんだろうけど
そもそもそういう風にできないから借金したんだろうというわけで。。
何かどっかで聞いた話だけどこっちはガチで金融会社なのでシャレにならんw
まだお姉さんからの催促の電話らしいけどいつ怖いお兄さんになるか分かったもんじゃない
あーもうこの人もどうしようもないわw
こういうだめ男に引っかかる母性本能出しまくりな女性がいそうで怖い^^;

しかし二日連続で誰かと会うとか出不精の私には疲れるorzというJJ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月30日 (水)

不動産業界ブラック杉ワロタ

サークルの先輩に会ってきました
私の留年と再就職の話で終わるのかと思っていたらいきなり
「俺、リストラされそう」とか相手側からへヴィな話
彼は不動産業界なんですが偏見通りの超ブラックのようで
サビ残(22、23時退社)&休日出勤(振り替え休日なし)で週休1日
コミュ能無いとか引きこもりとかとは違うんですがすごいマイペースな人で
でもその業界はバンバン新規開拓してく営業じゃないですか、全く正反対なんですよね

だからその業界でやっていけるのかなぁこの人って正直不安だったんですが
普通は無理に合わせようとして辛くて潰れちゃうものでしょうが
彼はそういうとこでもマイペースを貫いてたらしく
「今のままだと会社にとっても君にとっても時間の無駄だから心機一転頑張るかやめてもらうかどっちか決めてくれ」と言い渡されたそうで^^;
「GWまでに返事します」と言ってきたとのこと

そこは頑張ります、と言っとけよというところですが
その人にとってはそこまでガツガツして仕事するのは嫌らしいのです
仕事自体は嫌いではないらしく激務だから辞めたいのとはまた違うのだそうで

まぁ私としては最初からそんなヤヴァイ業界入るなよ、と言いたいところですが
入るとこなくて入ったんじゃなくてそういう仕事したくて入ったんだからどうしようもない
ただ、その業界の方針とその人の性質が壊滅的に合ってない^^;
仕事自体は好きならしいんですけどねぇ

働いてもいない私ですができる限りの助言はしてきました
また近いうちにまた会いましょう、ということでお別れ

ちなみに離職率は相当高いらしく同期ももう半分は辞めてるらしい
しかしせっかく残った人を育てるとかそういう気さえ全くないんですね
やめるとしたらホテル業界がいいとか言ってました
しかしこの人とことんブラック好きであるw

とりあえず就職板で先輩の会社調べてみましたが割と良さそうてことになってますがw
実態はこれ、というかこれでもいい方なのか!?信じられん…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧